べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

00.gif

研究室の為に新しく棚を制作しました☆
以下、棚の制作について
前回は研究室のテーブルを制作しました。
テーブルは、研究室のコミュニケーション創出装置としてデザインしています。

さて、今回は棚を新しく作りました。
配置場所は下の図のように、テーブルのすぐ向かい側です。
入り口から入るとテーブルの次に視線がいく位置です。
01.gif

テーブルを作ったことによって、
左側:ゼミ生スペース
右側:教員、研究生を主体とする、応接・会議・団欒スペース
という2つの空間がこの研究室に生まれました。



★デザインコンセプト

「テーブル=コミュニケーションデザイン」
ならば、棚は・・・?

「棚=情報発信デザイン」!
この位置づけでデザインしました。

テーブルは、円形の象徴性は高いものの全体的に研究室になじむことを考えていました。
反して棚は、情報発信であり、デザイン活動のシンボル的なものになることを狙っています。

さて、研究室を見渡すと、本棚が壁を覆っています。この本棚は比率的に水平ラインが目立つつくりです。
これと対照的に、縦ラインを強調した棚にしたいと思いました。

縦のラインの部材を基本にして、水平ラインの部材でリズムをつけ棚を構成しています。


★棚は研究室のパーテション

この棚は、
・テーブル側(表側)
・ゼミ生側(裏側)
の2つの顔を持ちます。
02.gif

(上図で左側)

こちらは、外部へ向けた研究室の情報発信の機能を持たせます。
収納はもちろんですが、その他に、本や小物等を展示できるように設計しました。
今、この研究室ではどんな興味をもってどんなことに取り組んでいるのか。こんなことを象徴するモノを置き、訪れる学生たちや来客の方情報を伝えます。
また、内部でゼミ生同士がそれぞれの興味を把握することもできるでしょう。

(上図で右側)

裏は、ゼミ生の収納スペース+掲示板です。
収納面積は少ないものの、コルク部分の掲示板広くとってあるので、有効に活用してもらえれば幸いです。

裏の収納スペース部分は前面に見えないように、その部分の表側を木の面で覆います。(上図で赤茶で塗りつぶしている所)

これによって、棚の表面にさらに表情が出てきます。
ここは蝶番などで付け、取り外し可能にすることを考えています。
可変可能なパーツとして、季節などによって変化するのもおもしろいのではないでしょうか。


★視線の透過と遮断

棚の高さは1300ミリに設定。。(オフィスの標準的なパーテションは高さ1500ほど)
ゼミ生各自が席に着くと、教員側からはほぼ頭まで隠れるくらいの高さとなっています。

ゼミ生側からすれば、この棚のパーテションにより個室的な作業に没頭できる空間となるでしょう。

しかし、すべてが仕切られていると、この高さでは圧迫感を感じることは必至。教員もゼミ生の様子をみるのに適さないでしょう。

そこで、数箇所、視線を透過することを狙った穴をあけています。
手元と目線の高さに穴を設置し、意識すれば、視線を合わせることもできるよう配慮しました。

穴により、圧迫感をやわらげ、ほどよく2つの空間を繋ぐ役割を果たすのではないかと思っています。

また、逆に、視線を遮断させる部分も設けています。
これは、既存のゼミ生のテーブル足元部分。
ここは見せないように気を使って、裏板を貼っています。


★色彩計画

研究室の情報シンボルということで、棚の各所に着彩して色で象徴性を高めようと当初は思っていました。

しかし、最終的には、テーブルで使用したコーヒーブラウンと白木、コルクの赤茶3色+面部分(くすんだ赤茶)の茶を基調としたナチュラル系で統一しました。

これは、色による棚の主張よりも、その棚に飾るモニュメントやグリーンによって表情をつけたほうが良いと考えたからです。
このようなことを考え、制作にあたりました。


★制作~制作日数5日~

03.gif
1日目
①切断図を持ってホームセンターへ
②部材を直線カットしてもらいました。


04.gif
2日目&3日目
③塗料とつや消しニスを塗布
④よく乾燥させます


05.gif
4日目
⑤組み立て開始
⑥端の部分から順番に組み立てます


06.gif
5日目
前日から引き続き組み立て
裏板やコルクを貼り完成させました★
(前面、蝶番ぶぶんは取り付けていない状態。)

そして~搬入。

棚制作(完)☆☆☆
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2006/08/24(木) |
  2. 家具づくり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8|
  5. 編集

コメント

棚、みました!

今日研究室に行ってみたら棚ができていてびっくりしました!

いろんなものを飾りたくなって、何を飾ろうかわくわくしているところです。

パーテーションとしての棚というよりも、私としてはわくわく棚としての要素が強いかもしれません。

と、ついついインテリアの本を出してきたり本屋で立ち読みしたりしてみています。

ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。
  1. 2006/08/26(土) 01:01:34 |
  2. URL |
  3. yai #-
  4. [ 編集]

yaiさんコメントありがとうございます☆
わくわく棚、うれしい反応ですねぇ

ディスプレイ方法を現在模索中です。
棚板に直にモノをのせると引き立たないので、
一枚紙や布等を下に敷いてということで検討中です。

そして実はまだ未完成なのです。
少々手直しを入れて完成になるのでしばしお待ちを!
早いうちに仕上げまーす
  1. 2006/08/26(土) 11:29:38 |
  2. URL |
  3. Lisa #-
  4. [ 編集]

棚拝見&使用しました!
素敵です~リクエストのコルクまで貼っていただきありがとうございます★
早速フォント一覧を貼ってみました。

けっこう濃い色のせいか棚のなかが暗いので、白っぽいものなんかをひいてディスプレイしたらぱっと明るく引き立ちそうな気がしました。

敢えてひとつ、若干ゼミ生側が裏っぽく感じられるのが残念でした。
大切に使わせていただきます!ありがとうございました★
  1. 2006/08/28(月) 19:39:09 |
  2. URL |
  3. take #-
  4. [ 編集]

takeさんコメントありがとうございます☆
どんどん使ってください。

なるほど、ディスプレイのアイディア参考にさせてもらいますね。

確かに、ゼミ生側は裏側のイメージが強いかも。こっちにもディスプレイ作れば良かったですね。

色々至らないところもあるので、また何か気づいたら言ってください。
よろしくお願いします☆
  1. 2006/08/28(月) 22:38:48 |
  2. URL |
  3. Lisa #-
  4. [ 編集]

また、大掛かりなものを作りましたねぇ。本当に感心します。
制作費はちゃんと頂けたのでしょうか?
制作貧乏にならないようにご注意下さいませ。

実物を見ていないので何とも言えませんが、鳴海製陶のstylesというシリーズの食器に合う雰囲気がいいですねぇ☆
エスプレッソカップorプチボックスを置きたい!
って意味不明ですよね。。。すみません。

最近は、リビングとダイニングがくっついている家(マンション)が多いですが、こんな棚を置くのも良いですね。リビング側とダイニング側の雰囲気を変えて使うと、壁でバツンと分けてしまうより空間が広く感じられるし、自由度も高い。
まあ、そうなるとまた違ったものになると思いますが…。

うん。それにしても、よく頑張るね!
今後も期待していますよ☆
  1. 2006/08/31(木) 18:28:10 |
  2. URL |
  3. baccarat #iW31ZHbc
  4. [ 編集]

baccaratさんこんばんは☆
いつもコメントありがとうございます。

baccaratさんの言う鳴海製陶のstyleシリーズWebで見てみました。
プチボックスは発見できず・・今度教えてください。
白い陶器がちょこんとのってる☆いいですねぇ、おしゃれ感がでそうです。

制作費は出していただいてますよ~、ありがたいことです。

私の家もリビングとダイニングが一間にあり、連続しています。
そっか、そういう提案もできるように改良すると良くなりそう!アドバイスどうもありがとう☆

次は椅子を作る予定です。
また完成したらブログにあげます♪
  1. 2006/08/31(木) 20:18:57 |
  2. URL |
  3. Lisa #-
  4. [ 編集]

エスプレッソカップ&プチボックスはここから見られます★
鳴海製陶HP;stylesのフォルテ(金)
http://www.e-narumi.com/bin/ilist.asp?meg=styles&egs=stfortegold

次回も楽しみにしてま~す♪
  1. 2006/09/03(日) 17:29:43 |
  2. URL |
  3. baccarat #iW31ZHbc
  4. [ 編集]

baccaratさんこんにちは。
ありがとうございます♪
カップとボックス拝見しました☆

これだったんですね、なるほど!素敵です☆。゜
いいなぁ、ほんとに置きたくなっちゃいますね。
ではでは、どうもで~す
  1. 2006/09/05(火) 13:53:55 |
  2. URL |
  3. Lisa #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lis420desk.blog4.fc2.com/tb.php/82-5182d429
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。