べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

鏡のカタチ

さてさて、以前、自分が作りたいドレッサーの形態を提示しました。

New
・姿見型ドレッサー
・ライティングドレッサー
・カスタムドレッサー
・化粧ボックス付ドレッサー
ドレッサーMap(11/09)の記事より・・・

やはり、ドレッサーの一番のポイントとなるのは「鏡」です☆

鏡の面積と映る姿の関係で、大きさが決定し、それにより、ドレッサーの形はある程度決まってきます。

今回、私は「姿見」を使ってドレッサーを作ることに決めました。

そこで、姿見の幅と高さについて、簡単な模型で検討~。
ダンボールで経費節約です(笑)


こんな感じで検討をしました☆

これにより、なんとなく、自分で鏡の大きさの目処が付いてきたところです。

では、なぜ「姿見」に決めたか?というと・・・

以前アンケートをとった際に〔サンプル数:女性113名〕
小型鏡(51%)、洗面所の鏡(24%)、姿見(12%) etc・・・
今度アンケート結果についても載せたいと思います。
ということで、姿見を使用して化粧している女性が結構多い、という実態が明らかになったことも理由の一つです。

また、現在化粧というものは様々な色やニュアンスが楽しめるように工夫されてきてますよね。
以前は顔だけで、まぁ簡潔してきたかもしれませんが、現在は服装との兼ね合いで化粧を変えるなんてスタイルになってるのではないでしょうか?

ということから、今の女性に求められる形態は「姿見」なのでは?と思い、決定しました。
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/11/16(水) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lis420desk.blog4.fc2.com/tb.php/59-f019e6bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。