べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

鏡台の普及

【婚礼家具】


大正・昭和時代(1912年~)明治の鏡台が発展し、上部の鏡が縦長となったものや小型の姫鏡台が登場する。

台箱はその形態別に「平山・片山・両山」の3つに分けられた。

また、大正中期には三面鏡も作られる。しかし、当時は普及せず、昭和30~40年頃に流行する。

昭和に入り、洋風化が進んだ為、西洋のドレッサーも普及し始めた。

鏡台は婚礼セットの重要な家具として世間に広まっていく。
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/10/19(水) |
  2. 鏡台・ドレッサーの歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lis420desk.blog4.fc2.com/tb.php/39-5fc510ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。