べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

卒研メモ1

女性好みのデザイン

 以前書いた「主婦の居場所」という記事。その中で、ライティングデスクの機能として「鏡台」を挙げました。「鏡台」って考えてみれば、女性専用の家具なんじゃないかなぁ?
 これがきっかけで、女性向けのモノ、女性好みのデザインに興味を持ちました。

 世の中には、結構女性向けのデザインがあるものです。例えば車。女性が好みそうな明るい色、なめらかな丸っこいボディ、女性仕様のインテリア。宣伝においても女性の好きそうなお菓子をテーマにしたものや、女性が車を運転してるCMもよくあります。
 また以前、電気屋さんでこんな話を聞きました。CDMDコンポ。ちょっと前までは、大きなスピーカーでごっついデザイン、いわば男性向けのものが多かったそう。しかし、今はスッキリした形でかわいいデザイン、女性向けともいえるものが増えている。しかも、それが女性はもちろん男性にも人気であるということ
 女性をターゲットにしたデザインって事業をする上でも有効なのかもしれない!?そんなところから、女性が好むデザインを研究してみたいと思うようになりました。
 人の好みって難しい、でもそれを研究することで、なんらかの指標を見つけられたらおもしろいかも。いろんなものに活かせるんじゃないか。まだ大ざっぱだけど、こんなところです。

予定
まず、「女性」を軸としてデザインの研究を進め、女性向けの家具を製作。さらにそれを発展させてインテリアの製作までもっていきたい
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/05/07(土) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6|
  5. 編集

コメント

面白い視点だね。女性に関する商品て多いから、何か見えてきそう。

女性といえば、一番に化粧品だと思う。
中身の質ももちろん、パッケージや宣伝に大分お金が掛かってるはず。かわいいパッケージが多いのにうなづけます。

かわいいものに興味があるのは主に女性。雑貨やインテリアを扱うお店の客には女性が多いはず。確かに、女性の方が買い物する機会が多いだろうし、主婦なんかは家にいる時間が長かったりするから、デザイン性の高いものは女性の好みが反映されているものが多いかもしれません。
  1. 2005/05/08(日) 22:23:24 |
  2. URL |
  3. sakana #-
  4. [ 編集]

どーもsabです。
私が思うに、商品自体のデザイン性ももちろん重要だけど、商品を入れる袋だったり、包む紙とかも気をつかってほしいですよね。雑貨屋や家具屋って意外とそういうところまで手がまわっていないことが多いような気がしますよ。
せっかく素敵なものを見つけたとしても、例えばそれが贈り物で「ラッピングしてください」って頼んだら、あまりかわいくないっていうのは残念なこと。逆にすごーく小さいものでもすごーくかわいいラッピングだと嬉しくなる。
女性をターゲットにするならそこまでやってもいいと思いますね。

私はあのお店のショッピングバックがほしくてわざわざそのお店で買い物をします。自分のものなのに、ラッピングしてくださいって言っちゃいます。結構そういう女性多いんじゃないかしら?
  1. 2005/05/09(月) 19:40:32 |
  2. URL |
  3. sab #UFWwZdlQ
  4. [ 編集]

chusonです

女性っていう的の絞り方すごい良いと思います。

男性ファッション誌より女性ファッション誌のほうが多いし
ファッションビルの地上階に近い階層は女性の洋服屋のほうが多いし、テナント数の割合だって女性の市場を狙ったものが多いわけだし、
ケーキ屋さんだって男性は入りにくいし
男性下着専門店なんて少ないわけだから

いろいろ優遇されている事を考えたら事業性が高い分野だと思います。
  1. 2005/05/09(月) 21:46:02 |
  2. URL |
  3. chuson #-
  4. [ 編集]

着眼点がおもしろい!

女性ごのみのデザインっておもしろそうだね。普段気がつかない様なことだけども、改まって身の周りのモノを探してみると結構あるもんですね。

案外、そんなデザインっていうのは何気ないところにあるのかもね。鏡台も、化粧する台という機能でしかないけど、そのデザインが良かったら、いつもよりも綺麗になっちゃうんじゃない。
ちょっとしたアイディアから、大化けする可能性がありそうだね。
  1. 2005/05/10(火) 00:46:34 |
  2. URL |
  3. kido #-
  4. [ 編集]

あー、確かに。飲食店にしたって、何にしたって顕著ですよね。やっぱり男くさい飲み屋には男しかいないし。インテリアってほんとそうだあ。

家具にもいろいろありますが、家電って割と女性的なものも男性てきなものあるから、女性好みのデザインを追及できそうですね。

女性の軸から少しばかり外れてるかもしれませんが、アンケートは何なりと。
  1. 2005/05/10(火) 16:52:31 |
  2. URL |
  3. akko #-
  4. [ 編集]

女性好みのデザイン

女性的デザインの台頭の理由について、僕なりの考えを、最近ある本で読んだお話を参考にして。僕も前半に関して少し気分悪くなったけど。

---

今までの日本社会は、「私権」をもとめる社会だったらしい。いわゆる、いかにして自分が金と名誉を手に入れるか?という考え。原因は、経済が安定していないから、食べる為にはそうするしかなかったから。女性も、男性にとっては名誉の道具でしかなかったのかもしれない、と。

これはもう少し厳しい言い方で書いてあって、気分が悪くなりました。

現在はみんながいわゆる小金持ちになっているから、男性の私権を追求する欲が失われてきてるんだって。欲が無くても生きられるから。今のNEETとかフリーターの問題もそう考えると当然な気もする。一人の私権を求める構造が、「みんなで共有」に変わってきている。男性が女性を抑圧する構造が無くなって来ている。

-----

そんな事が書いてありました。
これって、女性的デザインの台頭の理由に直結する気がします。
今まで家事を担当するのが主だった女性が、夫の抑圧が無くなってきたことにより、「私権」を獲得しようと立ち上がっている。企業においても重役に登用されたりなど、そのアイデアが大きな経済効果を生み出している。

自立した女性ははっきりとした嗜好を持ち、それが大きなマーケットとなっているということか。だいぶ強引な理論になってしまうけれど、ホストクラブの例を見ればわかるように、今って女性がお金を持っているんだろうな。

確かに、大きなマーケットだと思います。
長くなりました・・・。

僕は女性的観点やセンスに憧れを持っております。
男性にはどうしても出せない柔らかさっていうのがあると思います。
  1. 2005/05/15(日) 01:32:41 |
  2. URL |
  3. suzuki hiroshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lis420desk.blog4.fc2.com/tb.php/20-0be60028
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。