べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

作業場

現在、模型を完成させつつ、実物の制作もできる部分からやっていってます。
私が作業させてもらってるのはこちら・・・


大学近辺にあるホームセンターの作業室です。
ホームセンターだと、何か欲しい材料や道具があったらすぐ買いにいけるのでとても便利('u')b"

大きなホームセンターだとこのような作業室があって、無料で使うことができます。(もちろん、材料をその店で買うことが原則)
私は、そんなサービスがあることを知らなくて、聞いた時びっくりでした。

工具もカナヅチから固定具、電動工具までほとんどそろっています☆
使い方もホームセンターの人に聞けば教えてくれるので、初心者の私にとっては嬉しいです。

時折、お客さんが木材や金属棒などのカットをしていきますが、ずっとここにいて作業してる人は私のみ。その上、汚れ防止でつなぎを着て作業してる為、いつも店員さんに間違えられます(笑)

最初始めたときは、分からないことだらけ、使い方もままならなかった私ですが、最近はだんだん要領が分かってきた感じです♪

そうなってくると、作業がとっても楽しい!やっぱり工作は楽しいですね('∀')

ホームセンターの人とも、結構顔見知りになってきた今日この頃。

ただひとつ、難点なのが寒いこと。
入り口付近に作業室があるため、寒い風がぴゅ~。
今年は、かなり寒いですから、ホッカイロは必需品です!

寒さに負けず、作業頑張っていきます('v')
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/12/31(土) |
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

寸法決定難・・

スケッチを基に図面におこしてみました。



この作業で一番悩んだのは、やはり寸法。

幅900ミリ以内に収めたい(どで~んとした印象にならないように)
鏡を大きく使いたい(身長の高い人も考慮)
引き出しは収納力高く、取り出しやすく
引き出し側にティッシュとゴミ箱を設けたい
コンセントとドライヤー収納
カーテンの取り付けと収納

というように実現したいことがたくさんで、相互のバランスを取りつつ寸法を設定するのにえらく苦労しました。

ひとつを優先すると、もう一方が実現できなくなる・・・
ほんとうに矛盾だらけ('';)

「デザインの解はひとつではなく、いかにバランス解もっていくか」というアドバイスを以前もらったのですが、それが身に凍みて分かった作業でした。

ようやく決定した図面も日々制作しながら、修正する毎日。
最終形にもっていくまでは、あと少しかかりそうです。

それから、考えなければいけないのは、実際隣にどんな家具を置くのか?ということもあります。


今段階でまとまっている寸法は、
幅880 高さ1850 奥行き598

奥行きは約600です。これは洋服整理ダンスと大体同じになるように設定しました。

これくらいの奥行きならクローゼットでも大丈夫。

もし、寝室などに置くとしたら上の図のように3タイプを並べて配置できると思います。

ドレッサーの展開として、整理ダンス、クローゼットもデザインできそう。

こうなってくると、まさに現代の生活を考えた、婚礼家具一式プロデュースになってきました☆

    blogランキング
  1. 2005/12/29(木) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

制作スケッチ

久々の更新です☆

作業ばっかりに気がいってしまって、ついついブログが手付かずになりがちです。あれよあれよというまに1ヶ月も経ってしまいました。('☐')!わぁ

今は制作に入ってるのですが、とりあえずこれまでの流れを載せていきたいと思います。

以前のゴテゴテしい装飾をある程度シンプルに、かつ機能性を考えスケッチしてきました。



前面の鏡部分がメインデザインとなるわけですが、鏡が、額縁にはめ込まれているようなイメージです。

私のドレッサーの場合、姿見なのでどうしても鏡面積が大きくなってしまいます。あまり大きい鏡は、夜見ると怖いとか、不吉など、昔からのイメージもあることは事実。実際、昔の和鏡台は姿身にもなる大きな鏡を布などで隠していますよね。

もちろん鏡により、空間の広がりが大きく見られるような効果もあるのですが。

今回は、このような点も考え、カーテンを使って鏡を隠せるように作ってみようと思います。

具体的には、鏡部分の額縁の所がある程度隙間を空けて立体的に重なっていて、その隙間の部分にカーテンをしこんでやるというもの。

鏡の部分にカーテンが入ることで、本当に額縁のように見えそうな感じです。大柄の布などをカーテンにしたら絵を飾っているようになるかも☆

    blogランキング
  1. 2005/12/28(水) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。