べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

化粧専用鏡台「DRESSING TABLE」

【DRESSING TABLE】(化粧用机・鏡台)

17世紀後期(1650年~)
・類を収納する化粧ダンスと、その甲板に化粧鏡を持つものもドレッサーと呼ばれる
・14世紀には多くの男女が化粧品を使うようになった
・17世紀までは化粧専用の家具が作られたかは定かではない
・17世紀後期の化粧品による事故の記録にドレッシングテーブルという記述がある

18世紀(1700年~)
・箱型化粧用鏡台の流行
・二つのネジで固定され、前後に回転する鏡を持つ
・1列または1つの引き出しがつく
・この箱型鏡台を衣類タンスの上など乗せるなど、組み合わせ型鏡台が主流だった

d2.gif


~箱型化粧用鏡台~

2つのネジで固定され、前後に可動する鏡を持ち、1列の引き出しあるいは1つの引き出しが付いた箱型化粧用鏡台が18世紀前半に流行した。

この箱型化粧用鏡台をタンスの上に乗せたものが化粧ダンス。

この時期は、2つの家具を組み合わせた鏡台が主流だったようだ。

今回は化粧専用鏡台の誕生に付いてまとめました。17世紀に入ってやっと化粧専用のドレッサーが誕生したようです。これらは「DRESSER」ではなく、「DRESSING TABLE」と呼ばれています。
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/06/29(水) |
  2. 鏡台・ドレッサーの歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

DRESSERのはじまり

【DRESSER】

12世紀(1100年~)
・ゴシック時代に登場した新しい種目
・展示用食器棚(陶器や鉄器を展示し、自分の権力を誇示)
・ドレッサーの棚の数が社会的地位を示す
・簡素な台の上に開放の棚が設けられたもの

15世紀末(1490年~)
・下部は引き出しのスタンド、上部は展示用の棚という構成に変化する(教会の祭器台の形式が取り入れられる。)

d1.gif


ゴシック時代に現れた新しい種目。

起源は古く、中世の封建領主の城館の大広間に設置された展示用食器棚に始まる。

銀器、陶器、貴重品当を来客の観賞用に展示した。そうすることで自分の権力を誇示した。

この時代背景として、マナーハウスの登場が挙げられる。

社会秩序の安定により、12世紀末から13世紀初期において領主の住宅が城郭形式からマナーハウスへと移行した。

マナーハウスは、中央の空間にホールを配し、左右に生活の場や食器室、台所などがある田舎風住宅。集団生活の場であった。

初期のドレッサーは簡素な台の上に解放の棚を数段設けたもので、棚板の数が社会的地位を表わした。

15世紀末には教会の祭器台の形式を取り入れて、下部は引き出しのスタンド、上部は展示用の棚という構成になる。

17世紀後期には、衣類を収納する化粧ダンスとその甲板に化粧鏡を取り付けたものもドレッサーと呼ばれるようになった。

バロック時代の寝室に設置する化粧用の重要な家具となる。

今回は「DRESSER」の成り立ちについてまとめてみました。

    blogランキング
  1. 2005/06/28(火) |
  2. 鏡台・ドレッサーの歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

参考文献



今回使っている参考文献です。鏡台やドレッサーの記事はこれらの文献を元に作成しています。

    blogランキング
  1. 2005/06/28(火) |
  2. 鏡台・ドレッサーの歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

ケータイ

以前、総合研究の案として「LEGO」を挙げましたが、私の総合研究は、ケータイで遊ぼう(仮)というテーマで現在研究を進めてます☆

今や生活にかかせないツールとなった携帯電話。簡単に言うと、この携帯を子供たちの教育ツールとして活用できないかの研究です。

携帯を使った遊びのアイディアを何パターンか出し、それを検討中です。

実は今日、その遊びを自分たちで実際やってみよう!ということで、やってきました。

今日は2つの遊びを実行。

ケータイクイズ☆とケータイ鬼ごっこ☆

場所は大学内。クイズはヒントの写真をメールで受信し、探すというもの。

鬼ごっこはその名の通りですが、携帯を取り入れたパターンと携帯なしのパターンをやりました。

どちらもかなり白熱しました☆何年ぶりにこういう遊びをしたんだろう。実験でやったものの、かなり夢中になってみんなで真剣に遊びました(笑)みんな足速い。

すごく楽しかった!疲れた!っていうのが率直な感想。
でも、結構やってみて気づいた点も多くて、これを実際に子供にやってもらう為に考えることは多くありそうです。

また、どうやってまとめていくかも悩みどころではあります。

次回は、携帯を使ったケードロに挑戦。楽しみです☆

今日はぐっすり眠れそう。

    blogランキング
  1. 2005/06/06(月) |
  2. アイディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2|
  5. 編集

飛騨・高山家具2

 飛騨・高山のコンペに「ゴミ箱」で応募してみよう!ということで・・・早速デザイン大賞の事務局に事情を伝え、ゴミ箱の現状について聞いてみました。先日、その質問に対する回答がいただけました☆私が質問したのは、大きく2点。ゴミ箱の設置の現状と、生活ゴミの回収場所の様子です。

 現在高山市では、ゴミ箱は公園に設置されているものの、街中にはあまり無く、お店の中に置いてあるということ。また、生活ゴミに関しては、ネットや囲いの設置は無し。指定日に捨てるようにしているが、休日の次の日などにはゴミ袋の山が見られ少し不快なところもある、とのことでした。
 
 このことから、「街中に置くゴミ箱」・「生活ゴミ収集場所の囲い」が結構需要がありそうだと思いました。どちらも人目に触れやすいものなので、そこから高山らしさを演出できる可能性も十分ありそうです。さっそくスケッチ始めてみます。でもそれと同時に、「高山らしさ」ってどんなものか、飛騨・高山についても調べてみようと思います。 

    blogランキング
  1. 2005/06/02(木) |
  2. コンペ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。