べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    blogランキング
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

卒研メモ3

鏡台について百科事典で調べてみました。

鏡台(mirror stand)
 和風と洋風があり、その違いは脚の有無にあるそうです。最近は鏡台も洋風化されて、ほとんどが脚のついたスタンド形式のものが使われていますが。また、材料も違っていて、和風では、クワ・トチ・ケヤキ・キハダ・クロガキなど。洋風では、ウォールナット・テーク・ローズウッドなどが用いられています。この木材の特徴も今度調べてみようと思います。

 また、鏡台の別名として、「ドレッサー」ってよく言いますよね。私はこれが英語名だと思っていたのですが、「ミラースタンド」とか「トイレットミラー」も鏡台を意味していて、どうして名前が別になっているのかも不思議です。予想ですが、形態や利用法や利用場所で違ってくるのかもしれないです。
 「ドレッサー」とは、中世ヨーロッパで使われた、陶器や皿を展示する食器棚らしいです。はっきりした理由はまだ調べていて分からないのですが、17世紀後期に衣類を収納する低い整理箪笥がドレッサーと呼ばれるようなりました。バロック時代の寝室に設置する化粧用の重要な家具となった、ということ。知らなかった~。

 日本では平安時代から鏡台らしいものがあったんです。最初は鏡を脚がついた棒のようなものに吊るした本当に簡単なものでした。それが、色々な変遷を経て今の鏡台の形に近づいていきます。この過程はまた詳しく書きます。

 鏡台を調べていて思ったのが、鏡というのも鏡台の重要なポイントになってくるということ。昔は今と違って、ガラスの鏡でなく金属の鏡だったから、ガラス鏡に変わる前と後では結構大きさや形態の面で変わっているのもうなずけます。鏡も調べてみなければ☆
スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/05/14(土) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

卒研メモ2

卒研メモ1のコメントありがとうございました

鏡台
 先日ゼミがありました。私は「女性の好みのデザイン」をテーマにしていますが、まずは「鏡台」の研究をしてみたら、という助言をいただきました。鏡台をメインにしている書籍はなく、結構資料が無いという感じです。ですが、逆に誰も研究していないということなので、研究してみるにはおもしろそうです。

 鏡台の歴史から取り掛かってみようと思います。とにかく、たくさん資料を集めて、それを時代、国別にチャートにしてみます。それと平行して、自分で鏡台+αの家具の実物を作りたいというのがあるので、そのスケッチも描いていこうと思っています。

    blogランキング
  1. 2005/05/14(土) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

飛騨・高山家具1

第9回飛騨・高山学生家具デザイン大賞
http://www.hidanokagu.jp/taisyo/index.html

 以前、第8回の同コンペに応募したことがあります。そのときは残念ながら賞は受賞できませんでしたが、結構勉強になりました。第9回もあるということで、また応募してみようと思います。

テーマ……「高山らしさを演出する都市環境装置、都市景観装置」 素材は「木」
 前回のテーマはユニバーサルデザインのベンチで、作るものがベンチと限定されていたけど、今回は特に決まっていないみたいです。

 とにかく、景観を良くするもの・・・。思いつきですが、景観をきれいに保つという意味で、高山らしい「ゴミ箱」を作ってみようかと思います。公共のゴミ箱です。生活ゴミ用のゴミ捨て場も作ってしまっても良いかもしれないですね。

 実際高山市に行ってみたいけど、予算も時間もなーい!ということで、まずはゴミ箱・ゴミ捨て場の現状がどんなものなのか、高山のデザイン大賞の事務局に早速メールで聞いてみることにします☆

    blogランキング
  1. 2005/05/11(水) |
  2. コンペ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

屋根

美しい屋根景観(ルーフスケープ)コンテスト http://www.mmjp.or.jp/jsurp/
街並み・家並みの景観を、周辺環境に調和する魅力的な『屋根並み』の景観に改善するためのアイディアを募集している。

屋根並みという視点で景観を考えるのは、おもしろいと思います。
家並みというと、基本的に勾配屋根がメインとなるのかなぁ、という印象を受けました。

アイディア

空を映し出す屋根
屋根って、空と一番近いところにあるもの。スカイライン形成。空と関係したものを屋根に持ち込めないか考えました。そこで、屋根を鏡のようにして、空をうまく映しこめたらおもしろいと思いました。よく高層ビルで、ガラスが鏡のようになっていて、晴れた日は空が映りこんで、空と同化したようなものがあります。そんなイメージです。

緑化屋根
屋上緑化や壁面緑化などは耳にしたことがあります。それにならって、普通の住居の屋根を緑化したら良いのではないか、と考えました。または、思い切って屋根を庭のようにしてしまう。屋根をガーデニングするというのもおもしろい。

瓦デザイン
やはり、屋根と聞いて頭に浮かんだのが瓦屋根。いろいろな瓦がありますが、鬼瓦のようにポイントになる瓦をデザインする。または、新しい瓦を作ってしまうか。

屋根の軒下デザイン
屋根って近くにいたら視界にはあまり入らないけれど、少し遠くに離れると意識されてくるもの。景観といったらやはり遠くから見たときに綺麗に見える屋根、ということになるかもしれません。その裏をついて、間近で意識する屋根をデザインできないか考えてみました。軒下をデザイン、つまり屋根の裏をデザインする。歩く人にとっての景観をデザインすることにならないかなぁ。

    blogランキング
  1. 2005/05/08(日) |
  2. コンペ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

卒研メモ1

女性好みのデザイン

 以前書いた「主婦の居場所」という記事。その中で、ライティングデスクの機能として「鏡台」を挙げました。「鏡台」って考えてみれば、女性専用の家具なんじゃないかなぁ?
 これがきっかけで、女性向けのモノ、女性好みのデザインに興味を持ちました。

 世の中には、結構女性向けのデザインがあるものです。例えば車。女性が好みそうな明るい色、なめらかな丸っこいボディ、女性仕様のインテリア。宣伝においても女性の好きそうなお菓子をテーマにしたものや、女性が車を運転してるCMもよくあります。
 また以前、電気屋さんでこんな話を聞きました。CDMDコンポ。ちょっと前までは、大きなスピーカーでごっついデザイン、いわば男性向けのものが多かったそう。しかし、今はスッキリした形でかわいいデザイン、女性向けともいえるものが増えている。しかも、それが女性はもちろん男性にも人気であるということ
 女性をターゲットにしたデザインって事業をする上でも有効なのかもしれない!?そんなところから、女性が好むデザインを研究してみたいと思うようになりました。
 人の好みって難しい、でもそれを研究することで、なんらかの指標を見つけられたらおもしろいかも。いろんなものに活かせるんじゃないか。まだ大ざっぱだけど、こんなところです。

予定
まず、「女性」を軸としてデザインの研究を進め、女性向けの家具を製作。さらにそれを発展させてインテリアの製作までもっていきたい

    blogランキング
  1. 2005/05/07(土) |
  2. ドレッサーを作る☆|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6|
  5. 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。