FC2ブログ

べんきょう机☆

日々のデザイン&制作記録


主婦の居場所1

先日、大学の先生からこんな話を聞きました。

・日本の子供は小学校に入ると決まって勉強机を買ってもらう
 →机は結婚したら絶対実家に置いていく(嫁入り道具として持っていかない)

・現在は子供1人1部屋があたりまえになりつつある
 →主婦になったとたんにプライベートの空間がなくなる


つまり、主婦の居場所がないという問題があるってこと。確かに、考えてみれば結婚までは自分の空間を持っているのに、結婚したら完全なプライベートがなくなるなんておかしいです。私だったら、ストレス溜まりそう。

そこで、主婦の居場所として多機能ライティングデスクに需要があるのではないか?!とのこと。実際アンケートで主婦の方が1番欲しいものがライティングデスクだそうです☆

私は前々から、インテリアに興味があり、家具を実際に作ってみたいと思ってました。せっかくこの話を聞いたので、ライティングデスクに、化粧機能、パソコンデスク機能、収納機能をうまく付加できた家具を提案してみたいと思います。

スポンサーサイト

    blogランキング
  1. 2005/03/05(土) |
  2. 家具づくり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

武蔵野美大学生選抜展

武蔵野美術大学建築学科の学生選抜展を見てきました。

金賞、優秀賞など12畳くらいの部屋に合計4点の展示がありました。

薄暗い部屋で、スポットライトで作品が照らされてました。全部の作品に大きな模型があり、とにかく迫力ありました。

一番大きいので1m×3mくらいあったかも。

模型に色々な素材が効果的に使われていました。

ジーパンを使ってるのも!?また、模型の下部を透明にして下から蛍光灯で照らすことで、建物を光らせて見せたり、演出うまいなぁと思いました。

私の印象に残ったのは・・・

金賞「都市の舞台性」森康彰さん

渋谷区宇田川町に街路型広場を提案するものでした。

うまく説明できませんが、ひし形状のパネルが組み合わされて、山になったり谷になったり動きのあるウッドデッキがビルの間に作られていて、とても楽しそうな感じを受けました。

優秀賞 池田良子さん

この作品にはプレゼンボードがなく、図面が分からなかったけど、1/100の大きな模型が印象的でした。

たぶん公共施設。図書館か何かだと思います。全体的にメディアテークのような透ける建築。

最上部がおもしろくて、ガラスの箱に流動的な曲線の仕切りがあるような感じ。また、ピロティーがうまく作られてました。

他の大学の作品を見たのは初めてだったのでおもしろかったです。

あんな大きな模型見たことなかったので刺激的でした。

私も今度は大きく模型作ろうかな。見ておいて良かったです。

    blogランキング
  1. 2005/03/05(土) |
  2. アイディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

モバイルストア3

20050305223530.gif3月4日。東京ビッグサイトで行われた「JCD 国際デザインコンペティション 2005」の公開審査を見てきました。当日、「JAPAN SHOP 2005」というイベントが開催されており、会場はすごく混んでいました。初めてビッグサイトに行きましたが、すごい広さにびっくりでした。

モバイルストアの選考は、1次通過作品+復活作品の約30作品で行われました。審査員は、杉本貴志さん、原研哉さん、北川原温さん、石田敏明さん、深澤直人さん、大江匡さん、クライン+ダイサムさん。現在活躍中のデザイナーの方々を間近にして、ちょっとドキドキ。

選考は、各審査員が良いと思った作品に付箋を貼り、多いものを選んでいくという方法でした。これを何回か繰り返して受賞作が決定します。間に審査員のコメントが入り進んでいきました。途中、応募者の方が作品を説明するという場面もありました。

グランドアワードには、山田崇史さんの【WRAP SHOP】が選ばれました。簡単に丸めて持ち運べる店です。シンプルなデザインと構造が審査員を引きつけたように思います。この作品が一番素朴で分かりやすかったように感じました。

審査には色々な作品が集まります。だからこそ、この作品のように、シンプルで分かりやすく、ぱっと見て実用のイメージが沸くものが良いのかな、と思いました。

    blogランキング
  1. 2005/03/05(土) |
  2. コンペ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集